わたしが介護職についた理由

最近、主人がお酒を飲み過ぎで身体が心配な30代の主婦です。

基本毎日お酒を飲む主人なのですが、最近お酒が翌日によく残るっていうのです。なので毎朝しじみ汁を作ったりしているのですが、それはそれで面倒・・・いつもギリギリに起きてきてバタバタと仕事に行く主人は暑くなってきて余計にあまり飲まなくなってきたんですよね。。。でも肝機能が低下しているんだと思い、どうにか肝機能の改善をさせたくて、サプリメント的なものを購入してみました。

コチラの商品です⇒肝機能改善

粒状になっているので、朝時間が無くても、出勤中にでも口に放り込んで流し込めば簡単に摂取することができますしね。まだまだ働いてもらわないといけないので、お酒は控えて貰いつつ、肝機能の改善のためにしじみ習慣っていうのを飲み続けてほしいですね。

私も最近働き初めて、体が疲れ気味なのでちょっとは労わってあげないとなとは思っているところです。私が働いているのは介護職です。

訪問介護を始めて三年になります。介護職を選んだ理由は、妊娠、出産、育児を経て、30代になり、パートを探していたときに、他の業種はだいたい年齢制限にひっかかってダメだったのですが、介護職は上限年齢が高かったからです。

若い頃にホームヘルパー2級という、いちばん初歩の資格を取得していたので、応募したときに有利かなと思って決めました。

コンビニ等のパートも考えたのですが、近所で接客業をすると、こどものともだちやそのおかあさん方がしょっちゅう来る可能性があり、それは面倒だなと思ったのでやめました。

あとは、将来的なことを考えたときに、介護職で三年がんばれば、介護福祉士の受験資格が得られるということを知って、どうせ働くなら、資格をとりたいなと思いました。

年齢的にも、これからますます仕事に就くのは難しくなると思ったので、介護福祉士の資格を持っていれば、40代になっても、採用してくれる介護施設はあるだろう、と考えて、介護の仕事をすることにしました。

祖母と長く暮らしていたため、高齢者の病気や、頑固さなどは、一緒に暮らしたことのない人よりもわかるという自負がありました。わたし自身、高齢者の方と接することは全く苦ではなかったので、できるという気持ちで面接を受けました。

三年働き、介護福祉士の試験に合格し、無事資格が取得出来たので、これから訪問介護だけでなく、施設での勤務も検討しています。

介護福祉士をさらに五年続ければ、介護講習の教員免許資格をとるための試験も受けられるので、どんどん目標ができる仕事はやりがいがあるので続けています。

何年働いても、履歴書に書けるような資格が取れない仕事だと、あとで自分が困ると思ったからです。

お年寄りからは学ぶことも多く、ゆくゆくは自分もそうなりますので、いろんなお話を聞かせてもらい、とてもためになります。

老いはみんなが避けられないことなので、その実態を把握したいという気持ちもあり、今の仕事をしています。

 

キャッシングの審査について

注目のとっても便利な即日キャッシングの大まかな仕組みなら、すでに知っている状態の人は大勢います。だけど本当に申し込むときにどんな方法でキャッシングで融資されるのか、しっかりと分かっている人は、かなりの少数派です。
必須となっているキャッシングの際の事前審査では、本人の年収であるとか、どれだけ長く勤務しているかなどが最も大切なのです。以前にキャッシングに関して完済するまでに滞納があったなどの信用データについても、申込んだキャッシング会社に詳しく伝えられている場合がほとんどですから申込は正直に。
使いやすいカードローンを、常にご利用になっているケースでは、困ったことに借金なのに自分の口座を使っているような認識になってしまうケースも結構あります。このようになってしまったケースでは、知らない間に設定されたカードローンの制限枠に行ってしまうことになります。
一切利息のかからない無利息期間が設定されている、非常にうれしい即日キャッシングを賢く使っていただくと、利率の高低に頭を使うことなく、すぐにキャッシングできちゃいます。だからすごく便利にキャッシングが可能になる個人に最適な借入商品のひとつです。
即日キャッシングは、事前審査でOKが出たら、あっという間に必要な資金を振り込んでもらえるすごく助かるサービスのキャッシングです。お財布のピンチっていうのはとにかく急に発生するので、こんなに便利な即日キャッシングでの借り入れというのは、なによりもありがたいと感謝することになるでしょう。

 

あっという間に利用者が融資を希望する資金をキャッシングしてくれるのは、いくつもの即日消費者金融(サラ金)で提供されている簡単申込で人気の即日キャッシングです。簡単に申し込める審査に通ることができたら、ほんの少しの間待つだけで待ちわびていた額をキャッシングできるのです。
街中によくある無人契約機を利用することでお店を訪問することなく、申込手続を済ませるなんていう便利な方法でもかまいません。街中の契約機によってひとりで申込手続を最後まで済ませるので、一切他の人に顔を見られるようなことはなく、必要な額のキャッシングを内緒で申込むことができるので心配はありません。
キャッシング利用のお申込みから、口座振り込みでキャッシングされるまで、の所要時間が、もっとも短い場合は当日だけでOKなんて仕組みの会社も、いくらでもございますから、どうにかして迅速にお金を準備しなければいけないのであれば、一番早い消費者金融系カードローンがおすすめです。
キャッシングを申し込むときの審査とは、キャッシングを希望している人自身の返済能力の有無に関する審査なのです。申込んだあなた自身の勤務年数とか収入の額によって、本当にキャッシングを使わせても心配ないのか、そこを事前に審査しているわけです。
半数を超えるカードローン会社やキャッシング会社では、一般の方対象の無料のフリーダイヤルをご案内しております。借入計画をたてるときには、あなたの今までの詳細な融資に関係する実情を自分で判断せずに全て伝えていただくことが重要なのです。

 

銀行からの融資金額は、いわゆる総量規制除外金額なので、もしカードローンで借りるなら、なるべくなら消費者金融など以外が無難です。借金の上限として、1年間の収入の3分の1以上になると、例外を除いて借りることをしてはいけないという規制で、これをいわゆる総量規制というのです。
住宅に関するローンまたはマイカーローンなどという名称が多い車の購入などに使うローンとは異なって、カードローンの場合は、融資されたお金の使用理由については問われることがありません。そういった理由で、ローン金額の増額ができるようになっているところなど、何点か他のローンにはない長所が存在すると言えるのです。
カードローンの会社の種類には、クレジットカードを基盤とする信販系の会社、消費者金融系(アコム、プロミスなど)の会社などいろいろな種類があるということなのです。中でもやはり銀行関連の会社は、他に比べて審査時間が必要で、即日融資を受けることが、不可能な場合もかなりあるようです。
もしかしてその日のうちにお金が入る即日キャッシングでは、現実に事前の審査があると言っても書類審査だけで、申込んだ人間のこれまでの現況に関して漏らさず確実に確認や裁定しているはずがないとか、現状とは異なる意識がありませんか。
すぐにお金が必要だ!なんて悩んでいるなら、当然といえば当然ですが、当日入金もできる即日キャッシングに頼って入金してもらうというのが、なんといってもおすすめです。申し込んだ日にすぐお金を融資してもらわなければいけない方には、とても頼りになるサービスが即日キャッシングというわけです。

 

先日、伊勢ごころっていうお米をもらいました。すごくおいしかったです。なんか、縁起もよさそうです(笑)

伊勢ごころ

至急お金が必要な時って沢山ありますよね

私が今までで一番大金が至急必要になった時は、車が大雨で浸水して壊れて全く動かなくなった時です。

本当に困りました。しかし主人が車通勤しているため、お金が貯まるまで待っていられませんでした。
至急払える予算は100万でしたが、安くて古い車を2年ぐらい乗って廃車にしてしまうのも勿体ないですし、とりあえす中古車屋に行きました。

最低限の条件は自分の中であり
①7人乗り以上
②禁煙車
③乗車期間5年以内
④右側にスライドドア装備
これが最低条件でした。

実際に行ってみると中々この条件を満たすもので100万以内のものはありませんでした。
でも私が一目惚れした車がありました。もちろん100万では収まらず予算額の1.5倍強の値段でした。

悩みましたが、住宅のローンもまだまだ残っていて、月々の返済も大変なので、私としてはこれ以上ローンをくみたくない、くんだら今以上に大変なことになると思い、最終手段を使いました。

それは実家からの援助です。
本当の最終手段でした。

結婚して子供もいる年になって、実家にお金の援助なんてと思っていましたが仕方がないと自分に言い聞かせ、お願いしました。

親はすんなりと車代の半分を出してくれるとのことで、本当に有り難かったです。
こんな時だけではないですが、親って本当に有り難いなあと思います。

これが私が一番、大金が至急必要になった時でしたが、給料日前になると生活費が本当にギリギリになることは良くあります。
そんな時はいつも外出を控え、お肉も豚肉ばかり買ってそれ以外はパスタやうどんなどのコストが抑えれるものばかりが食卓に並びます。

これからの季節はお鍋をよく食べることが多いのでその汁を冷凍しておいて後でご飯を入れて雑炊しても1食分浮くのでそれも重宝します。

とにかく、生活費が乏しくなってきたら、食費を抑えて節約に走ります。じゃないとローンが支払えなくなって家と土地を売らないといけなくなっちゃいますからね。

そうなってしまったら援助してくれた親にも申し訳ないです。恥ずかしい思いをさせるかもしれませんから。